話題のフェスイベントを多数手がける「タノシナル」とコラボし、美肌の湯「嬉野温泉」独特の成分が生み出した名物料理「嬉野温泉湯どうふ」を、都心の開放的な野外で食べ比べできるフードイベントを開催します。

「嬉野温泉presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」開催決定!

   「品川やきいもテラス」や「エクストリーム出社」など話題のフェスイベントを多数手がける「タノシナル」とのコラボレーション企画を発表しました。佐賀県嬉野市の温泉郷「嬉野温泉」に代々伝わる名物料理「嬉野温泉湯どうふ」の銘店5店舗の味を自慢の地酒や豆腐スイーツなどとともに開放的な野外で食べ比べできるフードイベントを、東京品川シーズンテラスで2018年11月8日(木)から11日(日)までの4日間限定で開催します。

9月13日(木曜日)より、公式サイトで温泉気分が味わえる湯おけのチケット(先着特典)の販売を開始しました。イベント限定のオリジナル湯おけを入手して、温泉街を旅行するような気分でイベントにご参加ください!
公式ウェブサイト https://ureshino-yudofu-garden.jp

■「嬉野温泉 presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」開催概要

開催期間: 2018年11月8日(木曜日)~11日(日曜日) 11:00~20:00
開催場所: 品川シーズンテラス イベント広場 (東京都港区港南1-2-70)
主  催: 佐賀県×タノシナル
協  力:嬉野温泉観光協会、嬉野温泉湯どうふ振興協議会、嬉野市、佐賀県観光連盟、さが県産品流通デザイン公社
開催内容:①アウトドアスタイルで楽しめる「とろとろ温泉湯どうふガーデン」 (チケット制)
<昼の部> 11:00~14:00 <夜の部> 17:00~20:00
前売りチケット 湯どうふ5店舗分 1,300円(税込)を公式サイトで販売中
※先着1200名限定特典として湯おけのチケットをご用意しています。
②佐賀県の地酒・豆腐スイーツなどが楽しめる「おみやげストリート」(入場無料)

■開放感あふれる屋外で、できたてアツアツの温泉湯どうふを食べ比べ!

03_会場イメージ

会場は、JR品川駅港南(こうなん)口から徒歩6分の場所にひろがる「品川シーズンテラス イベント広場」。都心とは思えない緑あふれる開放的な空間で、「とろとろ温泉湯どうふガーデン」は開催されます。

■先着特典の湯おけのチケット! 持って歩けば温泉旅行気分

温泉の露天風呂をモチーフにした入口をくぐると、佐賀県嬉野市で営業する温泉湯どうふの銘店5店舗の大きな釜がお出迎え。肌寒さも吹き飛ぶアツアツの湯気につつまれながら、ぬけるような秋空のもと、できたての温泉湯どうふを食べ比べて楽しむことができます。
当日はこの「湯おけ」を持って会場へGO!まるで温泉街を旅行するような気分で、嬉野温泉湯どうふを雰囲気たっぷりに味わうことができます。

04_限定湯おけチケット写真

※湯おけのチケットは先着1,200名限定の特典です。
湯おけ無しのチケットも購入できます。

■「嬉野温泉湯どうふ」とは

「嬉野温泉湯どうふ」は、佐賀県・嬉野温泉で長年にわたって食べられてきた湯どうふ料理です。嬉野温泉の温泉水に嬉野産大豆を100%使用した濃いめの豆乳で硬めにつくられた特製の豆腐を入れて煮込むことで、絶妙な成分バランスのごく弱いアルカリ性をもつ温泉水が豆腐のたんぱく質を溶かし、とろとろクリーミーな食感の湯どうふができあがります。豆腐と相性がよい泉質をもつ嬉野温泉だからこそ生まれた、希少なグルメです。

 

02_キービジュアル_嬉野温泉湯どうふ

 

■タノシナル

06_主催者_タノシナル_ロゴ

「世界にタノシナル(楽しくなる)ものを発信し続ける」という想いのもと、地上波キー局の人気バラエティを制作していたスタッフたちが集まって2012年に旗揚げしたクリエイティブチーム。
全国の焼き芋専門店が集まるフードフェス「品川やきいもテラス」や、通勤時間を利用したアトラクション体験パッケージ「エクストリーム出社」など、日常に隠れた魅力を発見できる体験型エンターテインメントのプロデュースを得意とし、話題を集めている。
タノシナル公式サイト  https://tanoshinal.com

「嬉野温泉presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」開催決定!