佐賀県から20年ぶりにデビューしたブランドいちご「いちごさん」の「うつくしさ」と「甘さ」を、グランピングをイメージした空間で体感できるカフェが南青山に期間限定オープン。
いちごさんを味わいながら、華やかでうつくしい、くつろぎの時間をお過ごしください。

「GLAMPING CAFÉ 153 From SAGA」好評開催中!

昨日、東京・南青山のSHARE GREEN MINAMI AOYAMAにオープンした”GLAMPING CAFÉ 153(いちごさん)From SAGA”。

初日の1月15日(火)は、予約のとれないフレンチとして知られ、『ミシュランガイド東京 2019』において、一つ星を獲得したフレンチレストラン「Sincere(シンシア)」のオーナーシェフ石井真介氏監修の「いちごさん」を贅沢に使用した美しい逸品「いちごさんシュークリーム/600円(税込)」を求めて一時行列ができるほどとなりました。

GLAMPING CAFE 153 From SAGA_ブログ③

また、屋外の芝生スペースでは、「いちごさん」にちなんだ153個のフォトジェニックなバルーン群を前に、友人やカップルで写真撮影をしたり、「いちごさん」を頬張ったりと、甘いひとときを楽しまれており、来場者は「スッキリしていて何もつけなくても美味しいいちごでした」「『いちごさん』とクリームのバランスが絶妙!シュー生地のサクサク感もいいですね」「テントが『いちごさん』みたいに赤くてかわいいから何枚も写真撮っちゃいました」と語っていました。

03_GLAMPING CAFE 153 From SAGA_ブログ⑤

赤を基調とした空間で「いちごさん」をお召し上がりいただけます。

03_GLAMPING CAFE 153 From SAGA_ブログ⑥

カフェでドリンクをご注文いただいた方は、都会にいながら「いちご狩り」体験も可能です。

03_GLAMPING CAFE 153 From SAGA_ブログ⑦

テントの中でいちごさんをお召し上がりいただくこともできます。

GLAMPING CAFE 153 From SAGA_ブログ④

真っ赤なポンチョで「いちごさん」になってお楽しみいいただけます。

03_GLAMPING CAFE 153 From SAGA_ブログ⑧

小型テントの中で甘いひとときをお過ごしください。

03_GLAMPING CAFE 153 From SAGA_ブログ⑨

フォトジェニックなテントやバルーンもいちごさんと一緒にご撮影いただけます!

03_GLAMPING CAFE 153 From SAGA_ブログ⑩

暗くなってきたら、やさしい灯りが甘い雰囲気を演出します。
当イベントは、1月19日(土)までの期間限定です。

眺めてうっとり、かじって甘い。
「いちごさん」をこの機会に満喫しませんか?
皆さまのお越しをお待ちしています。
公式ウェブサイト https://www.saga-ichigosan.jp/cafe153

「GLAMPING CAFÉ 153 From SAGA」好評開催中!
「GLAMPING CAFÉ 153 From SAGA」にお客様一組目がご来店!

3人集合カット

 「いちごの日」である本日1月15日(火)、佐賀県から「さがほのか」以来20年ぶりとなるいちご新ブランド「いちごさん」の世界観をグランピング気分で味わえるカフェ”GLAMPING CAFÉ 153 From SAGA”が南青山・SHARE GREEN MINAMI AOYAMAにオープンいたしました。

00_cafe153_logo

 初日となる本日行われたオープニングイベントには、お客様一組目として女優の高梨臨さん、本仮屋ユイカさん、カフェオーナーとして佐賀県知事・山口祥義が登場しました。

 いちごさんにちなんで真っ赤なドレスを着た高梨さんといちご柄の髪飾りをつけた本仮屋さんは「いちごさん」といちごさんを使った「いちごさんシュークリーム」を試食。「いちごさん」を食べた高梨さんは「かじった瞬間じゅわっとみずみずしく、とてもジューシーでびっくりしました。」、「いちごさんシュークリーム」を食べた本仮屋さんも「『いちごさん』がきれいで真っ赤でかわいいスイーツですね。(食べてみて)すごくおいしい、生地がパリパリで、クリームもとっても品が良くてそしてなんと言っても『いちごさん』の甘さが負けてない。」といちごさんの魅力をご堪能いただきました。

女優いちごアップ

また、イベント内で行われたトークセッションでは「みずみずしい青春時代の赤面した話」という質問に対し、高梨さんは 「『カラスなぜ泣くの』で始まる童謡の歌詞の続きを「カラスの勝手でしょ」と間違えて覚えていたことを友人にバレてしまって赤面しました。」、本仮屋さんも「小学生の頃、好きな男の子に渡すバレンタインのメッセージカードで“DAISUKI”と書くところを“DAISUKE”とつづりを間違えてしまったことが赤面の思い出です。」 と過去のお話を披露。

「最近、自分を甘やかした話」では高梨さんから「先日年末に実家に帰省した際、両親に家事等甘えさせてもらい、家から一歩も出ず一日の歩数が50歩でした。」、本仮屋さんからは「最近舞台で主演を頂き、稽古をしていていつも以上にお腹が空いてしまうので大好きなごはんを我慢しないでたくさん食べるようになりました。」 とプライベートのことについてお話いただきました。

3人トークセッション

最後に高梨さんからは「『いちごさん』は見た目はもちろん、味も本当に美味しいいちごなので、ぜひみなさん一度食べておいしさを感じていただければと思います。」、本仮屋さんからは「甘くて幸せなこの空間で『いちごさん』が食べられて幸せでした。素敵な空間で、みなさんにもぜひおいしい『いちごさん』を味わっていただきたいなと思います。」とコメント。山口知事も「『いちごさん』のイメージとぴったりの凛としたお二人にお客様第一号としてかけつけていただき大変嬉しく思います。今後も全国の皆さまに『いちごさん』をご愛顧いただけるように頑張ってまいります」と想いを語りました。

”GLAMPING CAFÉ 153 From SAGA”は1月19日(土)までの5日間限定です。イベント詳細については公式サイトをご覧ください。

 

公式サイト https://www.saga-ichigosan.jp/cafe153

 

GLAMPING CAFÉ 153 From SAGA」開催概要

【期  間】 2019年1月15日(火曜日)~1月19日(土曜日) 5日間
【営業時間】1月15日(火曜日)               16:00~19:30(L.O.19:00)
1月16日(水曜日)~18日(金曜日) 10:00~19:30(L.O.19:00)
1月19日(土曜日)                     10:00~18:30(L.O.18:00)
※入場無料
※当イベントでは宿泊サービスはございません。
【会  場】 SHARE GREEN MINAMI AOYAMA(港区南青山1-12-32)
※オリジナルメニューは、施設内のロースターカフェ「リトルダーリンコーヒーロースターズ」で提供します。




■「いちごさん」とは
11_ichigosan_poster


2018年秋にデビューした、佐賀県生まれの新しいいちごです。
県・JA・生産者が一体となり、7年の開発期間をかけ、1万5千株から選び抜いた自信作です。
長く愛されるいちごになることを願って、呼びやすくて覚えやすい、清々しさとインパクトを合わせ持つ名前を付けました。
凛とうつくしい色と形、華やかでやさしい甘さ、果汁のみずみずしさが特徴です。

公式ホームページ:https://www.saga-ichigosan.jp/

 

「GLAMPING CAFÉ 153 From SAGA」にお客様一組目がご来店!
グランピング気分で「いちごさん」を味わおう!「GLAMPING CAFÉ 153 From SAGA」開催決定!

佐賀県から「さがほのか」以来20年ぶりとなるいちご新ブランドとして今秋デビューした「いちごさん」の世界観を、グランピング気分で味わえるカフェ”GLAMPING CAFÉ 153(いちごさん)From SAGA” を「いちごの日」である2019年1月15日(火曜日)から19日(土曜日)までの期間限定で、南青山・SHARE GREEN MINAMI AOYAMAにオープンします。

02_cafe153_logo

shintakashima.com

”GLAMPING CAFÉ 153 From SAGA”では、新食感かき氷店「アイスモンスター(ICE MONSTER)」やバルセロナで一番美味しいパエリアを提供するシーフードレストラン「チリンギートエスクリバ」などを展開する「食のヒットメーカー」トランジットジェネラルオフィスの協力のもと、“予約がとれないフレンチ”として知られ、『ミシュランガイド東京2019』において一つ星を獲得したフレンチレストラン「Sincere(シンシア)」のオーナーシェフ石井真介氏が監修したいちごさんのスイーツをお召し上がりいただけます。

また、会場では、屋内のカフェスペースと屋外の芝生スペースを使用し、カフェスペースではいちごさんの「うつくしさ」を伝える「Beauty グランピング」、芝生スペースでは「甘さ」を伝える「Sweet グランピング」という2つのテーマの赤を基調とした空間となっており、いちごさんの世界観を思う存分味わっていただくことができますので是非お立ち寄りください。

 

公式ウェブサイト https://www.saga-ichigosan.jp/cafe153

 

GLAMPING CAFÉ 153 From SAGA」開催概要

【期間】 2019年1月15日(火曜日)~1月19日(土曜日) 5日間

【営業時間】1月15日(火曜日)          16:00~19:30(L.O.19:00)

1月16日(水曜日)~18日(金曜日) 10:00~19:30(L.O.19:00)

1月19日(土曜日)               10:00~18:30(L.O.18:00)

※入場無料

※当イベントでは宿泊サービスはございません。

【会場】 SHARE GREEN MINAMI AOYAMA(港区南青山1-12-32)

※オリジナルメニューは、施設内のロースターカフェ「リトルダーリンコーヒーロースターズ」で提供します。

 

■いちごさんの凛としたうつくしさを表現。美味しいスイーツも楽しめる「Beautyグランピング」

石井真介シェフが監修した美しい逸品「いちごさんシュークリーム」

佐賀県産「いちごさん」を贅沢に使用したシュークリーム。予約が取れないフレンチとして有名な「Sincere(シンシア)」のオーナーシェフ石井真介氏が監修しました。

価格は600円(税込)

【石井シェフコメント】

いちご主体でシュー生地とクリームがそれを補うように、いちごを前面に押し出したシュークリームです。

いちごさんは柔らかい酸味なので、しっかりとしながらくどすぎない甘みを感じることができます。他のいちごとはまた違う印象のある個性的ないちごだと思います。

04_ichigosan_creampuff

都会のいちご狩り「えらんで、いちごさん」!

いちごさんのためのコーヒー「いちごさんブレンド」も登場

カフェでドリンクをご注文頂いた方には、ディスプレイいっぱいに並べられたいちごさんの中から、お気に入りのいちごさんを自分で摘み取ることができる「都会のいちご狩り」をご体験頂けます。

05_ichigogari_image

期間中のみ味わうことができる、いちごさんにマッチするように特別にブレンドされたコーヒー「いちごさんブレンド」(400円(税込))をご注文いただいた方には、都会のいちご狩り「えらんで、いちごさん」を3粒お召し上がり頂くことができます。

06_ichigosan_blend

153名限定!ドリンクご注文の方にいちごさん1粒セットでご提供

さらに、カフェで他のドリンクをご注文頂いた方にも、先着153名限定で都会のいちご狩り「えらんで、いちごさん」を1粒お召し上がり頂くことができます。

また、カフェスペースでは、真っ赤ないちごさん風船の無料配布や、風船にいちご風のヘタを飾り付ける「いちごさんバルーン作り体験」も実施します。

 

■寒い冬でも、いちごさんの華やかでやさしい甘さでほっと安らぐ空間に。「Sweetグランピング」


フォトジェニックな153個のバルーン群とテントでグランピング気分!

芝生スペースには、グランピングを想起させる小型のテントを設置。

周辺には153個のフォトジェニックなバルーン群も登場し、スウィートな雰囲気を演出します。真っ赤ないちごさんになりきれる可愛いポンチョの貸し出しをしているので、真っ赤な衣装に身を包んで、非日常的な写真を撮影頂くことができます。

是非スウィートなグランピングの雰囲気のなかで、いちごさんシュークリームやいちごさんブレンドをお楽しみください。

※芝生スペースは、雨天時はご利用いただけない可能性がございます。

07_ZONE2_shibahu_image

――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

■「いちごさん」とは

08_ichigosan_poster

  「いちごさん」は「凛とうつくしい色と形」「華やかでやさしい甘さ」「果汁のみずみずしさ」が特徴の品種です。

平成30年1月に首都圏在住の女性108名を対象に実施した調査では、人気3品種との食べ比べで「いちごさん」が「最もおいしいいちご」に選ばれ、4割の方が総合評価で1位に選ぶという結果になりました。

また「色」「ツヤ」「形」「切り口の色」「香り」を比較した調査では「色」「形」「切り口」で最も高い評価を獲得、その他の「ツヤ」「香り」でも2位に選ばれました。このように「いちごさん」は食味・見た目ともに優れたいちごであると評価されました。

また、10aあたりの収穫量が県産品種「さがほのか」より約2割多く、生産者の所得向上にも繋がる品種です。

公式ホームページ:https://www.saga-ichigosan.jp/

 

■Sincere(シンシア)石井真介シェフ プロフィール

1976年、東京都出身。調理師学校を卒業後、「オテル・ドゥ・ミクニ」や「ラ・ブランシュ」を経て渡仏。

フランスの二つ星、三つ星レストランを経験し、2004年に帰国。その後、「フィッシュバンク東京」でスーシェフを2年間務め、2008年より「レストランバカール」のシェフを7年間務める。

2016年4月、自身のレストラン「Sincere(シンシア)」をオープン。

クラシックをベースとした料理を得意とする。

『ミシュランガイド東京2019』において一つ星を獲得。

09_sincere_ishii

グランピング気分で「いちごさん」を味わおう!「GLAMPING CAFÉ 153 From S…