東京・品川で美肌を求めて湯めぐりならぬ湯どうふめぐり「嬉野温泉presents とろとろ温泉湯どうふ ガーデン」本日開幕!

東京・品川で“究極の湯どうふ”を食べ比べできるイベント「嬉野(うれしの)温泉 presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」が、本日11 月8 日(木曜日)より開幕しました。

 

公式ウェブサイト  https://ureshino-yudofu-garden.jp

 

■オフィス街に浴衣姿、手には木桶!温泉街ならぬオフィス街に浴衣姿の女性が来場!

01 オフィスビルに浴衣女子

とろとろ温泉湯どうふガーデンでは、「木桶」を前売りチケットとして販売。木桶をもってのれん(会場ゲート)をくぐれば、もくもくの湯気が立ち込める広大な芝生広場。そこには湯畑ならぬ湯どうふ畑が出現!日本三大美肌の湯として有名な嬉野温泉で作られたふわふわでトロトロな湯どうふたちを味わえます。なお、先着順で浴衣のレンタルも行っております。肌寒さも吹き飛ぶアツアツの湯気につつまれながら秋空のもと、出来立ての湯どうふを食べ比べて楽しむことが出来ます。

 

03 湯気のもくもくと浴衣女子

実際に出来立ての湯どうふを口にした来場者は、「あったかくて、とろとろ!お豆腐がこんな風になるんですね」「次は嬉野に行って食べてみたい」と語っていました。
■温泉街で作る地酒や激レア豆腐スイーツ、美肌の湯や冬の恋を結ぶ神社など盛りだくさん!

04 お土産ストリート 商品集合

「おみやげストリート」では、嬉野の温泉街で作られている地酒「虎之児」や特産品のうれしの茶、土日は東京初上陸の”離島直送パンに塗れる幻の豆腐スイーツ“「石割豆腐生ジャム」が数量限定で登場するなど、30 種近い商品が並び、佐賀のスペシャルな豆腐ワールドがお楽しみいただけます。

 

05 足湯で湯どうふを食べる女子

また、とろりとした肌触りが自慢の「日本三大美肌の湯」嬉野温泉を現地から直送し、手軽に楽しめる足湯と手だけつかって楽しめる手湯を無料開放。肌がしっとりなめらかになる効果を体験することができます。

 

06 神職さんと巫女さん

あわせて、年間300 万人が訪れる日本三大稲荷のひとつ「祐徳稲荷神社」の神職と巫女を招き、御朱印帳がお求めいただけるほか、結婚、健康、受験などに向けた願いを込められる絵馬も頒布。会場で記入した絵馬は現地・佐賀の本殿に運ばれ、祈願奉納されるなど、佐賀を満喫できるコンテンツが盛りだくさんです。

 

07 壺侍とゆっつらくん

ご当地キャラクターの「壺侍」と「ゆっつらくん」も会場を盛り上げにかけつけました。

 

なお、会場では湯どうふ食べ比べチケットのご購入者を対象に、嬉野への招待券が当たる抽選会もご用意しています。こちらもぜひチャレンジしてみてください!

 

「嬉野温泉 presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」は、東京・品川シーズンテラスにて、11 月11 日(日曜日)までの4 日間限定で開催しています。

 

品川で、美肌を求めて湯めぐりならぬ湯どうふめぐりはいかがですか?
皆さまのご来場を心からお待ちしています。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「嬉野温泉 presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」開催概要
【開催期間】 2018 年11 月8 日(木曜日)~11 日(日曜日) 11 時~20 時(入場無料)
【開催場所】 品川シーズンテラス イベント広場(東京都港区港南1-2-70)
【開催内容】
① アウトドアスタイルで楽しめるとろとろ温泉湯どうふエリア
※5 店舗食べ比べチケット1,500 円でお楽しみいただけます。
②佐賀県の地酒・豆腐スイーツなどが楽しめる「おみやげストリート」
③嬉野温泉から直送した温泉を手や足で体験できる手湯・足湯エリア
④日本三大稲荷「祐徳稲荷神社」に祈願ができる佐賀の観光コーナー