“おみみあい”オープニングイベントを開催しました

佐賀県は、2016年に「肥前やきもの圏」として日本遺産に認定されたことを受け、そのやきもの文化を若い方にも楽しんでもらおうと、400年続く5市町のやきものの伝統技術と若い感性を掛け合わせたカジュアルブランド『HIZEN5 (ヒゼンファイブ) 』を2017年に立ち上げています。
本日、都内初のイベントとして、ひとりひとり異なる耳の形に合わせ自分と相性の良い佐賀のやきもののかけら(以下:陶片)のピアスと出会える、耳と陶片ピアスのマッチングイベント“おみみあい”を本日12月5日(木)から12月7日(土)まで、東京・渋谷のOPENBASE SHIBUYA(オープンベースシブヤ)で開催しています。
開催に先立ち、ゲストにNikiさん、メイプル超合金さん(安藤なつさん・カズレーザーさん)をお招きしオープニングイベントを実施しました。

■Nikiさん、安藤なつさん 初めての“おみみあい”体験!
冒頭に『HIZEN5』の地域プロデューサーで陶片ピアス製作者の楠本将真氏と佐賀県文化課の金子暖が登壇し、「佐賀県はいろいろなやきものが楽しめる県。以前からお客さんからどんなピアスが似合うかわかりますか?と相談を受けることが多かったので、その悩みに答えられる“おみみあい”ルームが出来たということでぜひ体験していただき運命のピアスと出会ってほしいです。」と想いを語りました。

続いて、Nikiさんと安藤なつさんに“おみみあい”を体験していただきました!
03_Nikiさんおみみあい体験

SNS_安藤さんおみみあい体験
耳の形をスキャンする場面で、耳に注目が集まり緊張したというNikiさんは、40通りにもおよぶ分類の中から、有田焼(有田町) の三角形のピアスとマッチング!そのピアスに「かわいいです!小さくても華やかですね。耳の形にも合っています!」と喜びのご様子。
続いて体験した安藤さんは、「質感がピアスにはない感じでオシャレ。触っちゃいますね」とマッチングした肥前吉田焼 (嬉野市)の黄色と白のドッド柄のピアスをすっかり気に入っていました。」お二人とも初めての“おみみあい”体験を満喫されました。
カズレーザーさんからは「色やパターンがたくさんあるので、男性がつけてもいいですよね!」と男性目線の感想もいただきました。
最後にNikiさんは、「自分の耳に合うピアスを見つけてオシャレを楽しんでほしい!」とコメント。さらに安藤さんは、「磁器のピアスは新鮮。あなただけのピアスが見つかるので、ぜひ体験してほしいです!」と、本イベントへの来場を呼び掛けました。
 04_トークセッション
自分の耳にぴったり合う、佐賀のやきものの陶片ピアスと出会うことができる体験型イベント“おみみあい”は、本日12月5日(木)から12月7日(土)までの期間限定で開催しています。400年以上の歴史がある佐賀のやきものの世界に浸りながらピアスの新しい選び方を体験できるこのイベントに、是非足をお運びください。

■“おみみあい”~あなたの耳と陶片をマッチング~ 開催概要
期間:2019年12月5日(木)~12月7日(土)
営業時間:11:00~19:00 (12/5のみ14:00オープン)
会場:OPENBASE SHIBUYA(渋谷区宇田川町14-13宇田川ビルディング1F)

“おみみあい”ルームには、今回のイベントのために開発されたマシンを設置。耳の形をスキャンし、耳の大きさ・カーブ・バランスなどをデータ化。さらに画面に表示される設問に答えると、やきものの産地(5市町)・形(4種類)・大きさ(2種類)の40パターンの中から自分に合う組合せをご提案します。ご提案終了後は陶片ウォールで運命の陶片ピアスを見つけてください!
他にはない新しいピアス選びをぜひこの機会にご体験ください!

・どなたでも無料でご体験いただけます。
・陶片ピアスの通常価格は1,980円(税込)ですが、今回はイベント特別価格の1,000円(税込)で販売します。
・さらに『HIZEN5』のインスタグラム(@hizen_5)のフォロー&投稿で500円(税込)で販売します。
・陶片ピアスは数に限りがありますので、予めご了承ください。
・マッチング体験でご提案するのはピアスのみとなります。

■都内初!『HIZEN5』こだわりのアイテムを販売しています
“おみみあい”会場では陶片ピアス以外にも『HIZEN5』のアイテムを都内で初めて販売しています。その中には『いい文具の日』である11月29日(金)にお披露目・販売開始されたばかりの”やきもの文具”も。佐賀県内の各地域の特色を生かした、こだわりのアイテムにご期待ください。アクセサリーはイヤリングもご用意しています。
09_HIZEN5アイテム
10_やきもの文具