現代の魔法使いと呼ばれるメディアアーティスト「落合陽一」さんとのコラボ。呼子イカをインスタレーションで表現し「透明の証明」に挑戦します。

佐賀県×落合陽一による3Dアート「YOBUKO mini」佐賀県庁展望ホールにて展示開始!

メディアアーティスト落合陽一氏とのコラボレーションプロジェクト「YOBUKO 限りなく透明に近いイカ」において、3Dアート「YOBUKO mini」 の展示を佐賀県庁展望ホールにて3月17日(土曜日)より約4か月間実施します。

 

■3Dアート「YOBUKO mini」展示について

佐賀県庁最上階の展望ホール(愛称:SAGA360サガサンロクマル)で開催している夜景プロジェクションマッピング「アート県庁プロジェクト」内にて3Dアート「YOBUKO mini」を展示いたします。(料金:無料)

・場所:佐賀県庁展望ホール

・期間:2018年3月17日(土曜日)~7月中旬

・時間:(3月)18時30分〜22時00分 (4月~)20時00分~22時00分

※日曜・祝日は21時00分まで

02 tofubeats DJ_resize

また、東京で開催したイベント「YOBUKO HOLO-EXPERIENCE EXHIBITION」のレポート動画を、公式サイトにて公開いたしました。BGMは、当日のDJも務めたトラックメーカーのtofubeatsさんに提供いただいたオリジナル楽曲です。会場でご覧いただけなかった方も、ぜひ映像をとおして作品をお楽しみください。

レポート動画:https://youtu.be/arwCgY4N5ak

特設サイト:https://sagaprise.jp/yobuko/

佐賀県×落合陽一による3Dアート「YOBUKO mini」佐賀県庁展望ホールにて展示開始!
佐賀県×落合陽一の前代未聞のイカアートを披露!

メディアアーティスト落合陽一氏のコラボレーションプロジェクト「YOBUKO 限りなく透明に近いイカ」。佐賀県の名産「呼子イカ」の魅力を発信するため、呼子イカの姿を立体映像化し、鑑賞者の服の色に同調して変色するインスタレーション「YOBUKO」を制作。東京・二子玉川で2月27日(火)~28日(水)の2日間、アートと食を楽しめるイベント「YOBUKO HOLO-EXPERIENCE EXHIBITION」を開催します。開催に先立ち、ゲストにメディアアーティスト落合陽一さん、カミナリさん、内田理央さんをお招し、オープニングイベントを実施しました。

 

佐賀県×落合陽一の前代未聞のイカアート

今回のコラボレーションプロジェクトについて、佐賀県知事の山口祥義は「呼子イカはストレスフリーだから透明でいられる。今回のアートでは、お越し頂いた皆さまにも『透明』を感じてもらえればと思います」と挨拶。コラボ作品のインスタレーション『YOBUKO』について落合陽一さんは、「光の研究や作品制作をしているので『透明』にはもともと興味があった。今回のイベントは「呼子イカと日本酒」が主役なので、インスタレーションで表現した透明な呼子イカのリアルな動きを見ながら、いつもと違う場所と気持ちで「イカ」と向き合って、味わってもらえれば」と語りました。

IMG_2837

3.5 の巨大イカのインスタレーションにびっくり!色に反応して変化する「YOBUKO

カミナリさんと内田理央さんが登壇し、コラボレーション作品「YOBUKO」が登場。着ている服の色によって身体の色が変わるイカのインスタレーションを体験し、カミナリの二人は「色と動きが綺麗!」「フォトジェニック!写真撮りまくりたい!」とコメント。内田さんは「このイカのように透明性を持ってストレスフリーでいたい」と、アート体験を楽しみました。

IMG_2156_1+

カミナリまなぶと内田理央の共同作業?!力を合わせて「特製YOBUKO寿司」を披露!

ステージに呼子イカが登場。実家が鮮魚店であるカミナリのまなぶさんは、イカの内蔵が5秒でとれる特技を披露し、会場をわかせました。そして寿司屋でアルバイト経験のある内田理央さんは、まなぶさんが捌いた呼子イカを使って手巻き寿司を披露しました。

IMG_2715



五感を刺激する「YOBUKO HOLO-EXPERIENCE EXHIBITION

https://sagaprise.jp/yobuko/

最大3.5mの巨大なインスタレーション「YOBUKO」が登場!

呼子イカを代表するケンサキイカをモチーフにしたインスタレーション「YOBUKO」は、落合陽一氏総指揮によって制作されました。

体色変化するイカの生態を、鑑賞者の服の「色」に同調して変色するインタラクションで表現。イカのフォルムや動きを研究し、普段は格納されている触腕の構造まで仔細にトレースした、リアルなイカCGを実現しています。様々な色に変化しながら、目の前を泳ぎ回る姿は圧巻です。

※ご来場の際は、色がはっきりとわかる服(赤・青・緑・黄)でお越しいただくと、「YOBUKO」を一層お楽しみいただけます。

IMG_3205_1

先着限定!新鮮な「呼子イカの刺身」をご提供!

会場で撮影した写真に「#YOBUKO」をつけてSNSで投稿していただいた方には、先着限定で佐賀から届いた新鮮な呼子イカのお刺身や、佐賀の日本酒・ジュースをご提供いたします。職人がその場で捌いた新鮮な呼子イカを、ぜひ会場でお楽しみください。

※両日とも先着順で限定数に達し次第終了になります。予めご了承ください。
※日本酒はイカ試食の方のみのご提供となります。
※お一人様1食限定になります。

IMG_3064_1

tofubeatsがサウンド・デザインを担当。

トラックメーカーのtofubeatsさんにYOBUKOオリジナルトラックを制作いただきました。呼子イカの泳ぐ空間、呼子の美しい海の姿を、音楽でもお楽しみいただけます。

IMG_1566

 

【イベント概要】

「YOBUKO HOLO-EXPERIENCE EXHIBITION」

日時:2月27日(火)~28日(水) ※入場無料 先着限定で呼子イカの試食あり

・2月27日(火)15:30~20:00(先着限定120食)

・2月28日(水)11:00~17:00(先着限定200食)

会場:iTSCOM STUDIO&HALL 二子玉川ライズ(東京都世田谷区玉川1-14-1)

アクセス:東急田園都市線・大井町線

「二子玉川」駅より、リボンストリートを直進 徒歩3分

「呼子イカ×DJ! tofubeats Special PLAY」概要

日時:2月27日(火曜日)17:00~18:30(Support DJ)、18:30~19:40(tofubeats)

場所:「YOBUKO HOLO-EXPERIENCE EXHIBITION」会場にて開催




呼子イカとは

佐賀県の北西、玄界灘に面する唐津市呼子町は新鮮な海産物で知られる町。特にイカは佐賀県を代表するブランド食材のひとつです。新鮮なイカをそのまま味わう名物料理「呼子イカの活き造り」は“限りなく透明に近いイカ”とも呼ばれ、その透き通った姿は新鮮さの証。コリコリとした食感と甘い身は、一度食べたら忘れられない味わいです。近年は産学官が連携したプロジェクトによる輸送技術の向上により、生きたままの新鮮なイカを東京などにもお届けできるようになっています。

03 呼子のイカ

落合陽一 

筑波大学准教授 / メディアアーティスト / Pixie DustTechnologies, Inc. CEO。

筑波大学でメディア芸術を学び、東京大学で学際情報学の博士号を早期終了で修得。映像を超えたマルチメディアの可能性に興味を持ち、デジタルネイチャーと呼ぶビジョンに向けて研究に従事。情報処理推進機構よりスーパークリエータ/天才プログラマーに認定。2015年、世界的なメディアアート賞であるアルスエレクトロニカ賞受賞など、国内外で受賞歴多数。

05 落合陽一氏

tofubeats

1990年生まれ、神戸在住。音楽プロデューサー/DJ。

学生時代からインターネットを軸に活動を行い、ジャンルを問わず様々なアーティストのリミックスやプロデュース、楽曲提供を行う。 2013年4月にスマッシュヒットした「水星 feat.オノマトペ大臣」を収録したアルバム「lost decade」を自主リリースし、 森高千里をfeat.した「Don‘t Stop The Music」でメジャー・デビュー。 以降、「First Album」「POSITIVE」「FANTSY CLUB」と3枚のアルバムやリミックス・アルバム、EP各種をリリース。 また、数誌でコラムの連載も行っており、各方面で精力的に活動中。

・公式ウェブサイト: https://tofubeats.persona.co/

・WARNER MUSIC JAPAN ARTIST HP: http://wmg.jp/artist/tofubeats/

06 tofubeats氏プロフィール

佐賀県×落合陽一の前代未聞のイカアートを披露!
佐賀県×落合陽一「YOBUKO 限りなく透明に近いイカ」始動!

“現代の魔法使い”と呼ばれるメディアアーティスト落合陽一氏と、呼子イカの透明性と魅力をインスタレーションを通じて伝える前代未聞のプロジェクト「YOBUKO 限りなく透明に近いイカ」を立ち上げました。佐賀県唐津市呼子町の名物である“呼子イカ”の姿を立体映像化したインスタレーション作品「YOBUKO」を制作しました。この作品をご体験いただけるイベント「YOBUKO HOLO-EXPERIENCE EXHIBITION」を、2月27日(火)~28日(水)に二子玉川ライズにて開催します。また、プロジェクト実施にあたり公式サイトをオープンしました。

公式サイト:https://sagaprise.jp/yobuko/
 

02 内観パース

■“現代の魔法使い” 落合陽一氏の挑戦!プロジェクト発足の背景とは。
佐賀県の名物料理「呼子イカの活き造り」は、透明な美しさと甘くコリコリした食感が特徴です。しかしながら、イカはとてもデリケートな生態かつ長時間の輸送が難しいことから、まだ全国的に認知度が高いとは言えません。

佐賀県が実施した調査結果によると、イカが好きな日本人は約9割(86.7%)に上るにも関わらず、呼子イカを知っている人は全国で3割弱(23%)という結果がでています。さらに、呼子イカの魅力である「透明性」に関しては、日本人の2人に1人しか生きているイカが半透明/透明であることを知らないことが判明しました。
(「全国のイカに関する意識調査」より。佐賀県サガプライズ!調べ)

そこで、佐賀県と“現代の魔法使い”とも呼ばれる落合陽一氏のコラボレーションにより、日本人の多くが知らない「イカの透明性」を証明し、「呼子イカ」の魅力を全国の皆様に伝える前代未聞のプロジェクトを立ち上げました。

03 呼子のイカ

■鑑賞者の姿に反応する“イカ”のインスタレーション「YOBUKO」
呼子イカを代表するケンサキイカをモチーフにした「YOBUKO」は、本プロジェクトのために落合陽一氏総指揮によって制作されたインスタレーションで、体色変化するイカの生態を、鑑賞者の服の「色」に同調して変色するインタラクションで表現しています。
イカのフォルムや動きを研究し、普段は格納されている触腕の構造まで仔細にトレースしたリアルなイカCGを実現しています。

■五感を刺激する体験イベント「YOBUKO HOLO-EXPERIENCE EXHIBITION」
佐賀県と落合陽一氏のインスタレーション作品「YOBUKO」の展示・体験や、呼子イカのお刺身と佐賀県の日本酒を有田焼でお楽しみいただける、「呼子イカの透明性」をコンセプトにしたイベント「YOBUKO HOLO-EXPERIENCE EXHIBITION」をiTSCOM STUDIO&HALL 二子玉川ライズにて、2月27日(火)~28日(水)の2日間開催します。

〇最大3.5mの巨大なインスタレーション「YOBUKO」が登場!
展示・体験スペースでは、最大3.5mのインスタレーション「YOBUKO」をお楽しみいただけます。巨大「YOBUKO」が様々な色に変化しながら、目の前を泳ぎ回る姿は圧巻です。
※ご来場の際はできるだけ色がはっきりとわかる服(赤・青・緑・黄)でお越しいただくと、「YOBUKO」を一層お楽しみいただけます。

〇先着限定!新鮮な「呼子イカの刺身」をご提供!
会場の写真に「#YOBUKO」をつけてSNSで投稿していただいた方には、先着限定で佐賀から届いた新鮮な呼子イカのお刺身や日本酒・ジュースをご提供します。

・2月27日(火)  15:30〜20:00(先着限定120食)
・2月28日(水)  11:00~17:00(先着限定200食)

〇tofubeatsがサウンド・デザインを担当。初日にはスペシャルライブを実施!
現在、注目を集めているトラックメーカーのtofubeatsさんにYOBUKOオリジナルトラックを制作いただきました。
2月27日(火)には、会場内に特設DJブースを設け、スペシャルライブを開催いたします。




【イベント概要】
「YOBUKO HOLO-EXPERIENCE EXHIBITION」
日時:2月27日(火)~28日(水) ※入場無料 先着限定で呼子イカの試食あり
・2月27日(火)15:30〜20:00(先着限定120食)
・2月28日(水)11:00~17:00(先着限定200食)
会場:iTSCOM STUDIO&HALL 二子玉川ライズ
(東京都世田谷区玉川1-14-1)
アクセス:東急田園都市線・大井町線
「二子玉川」駅より、リボンストリートを直進 徒歩3分

「呼子イカ×DJ! tofubeats Special PLAY」概要
日時:2月27日(火曜日)17:00~18:30(Support DJ)、18:30〜19:40(tofubeats)
場所:「YOBUKO HOLO-EXPERIENCE EXHIBITION」会場にて開催

04 iTSCOM STUDIO&HALL 二子玉川ライズMAP




■呼子イカとは

佐賀県の北西、玄界灘に面する唐津市呼子町は新鮮な海産物で知られる町。
特にイカは佐賀県を代表するブランド食材のひとつです。新鮮なイカをそのまま味わう名物料理「呼子イカの活き造り」は“限りなく透明に近いイカ”とも呼ばれ、その透き通った姿は新鮮さの証。コリコリとした食感と甘い身は、一度食べたら忘れられない味わいです。近年は産学官が連携したプロジェクトによる輸送技術の向上により、生きたままの新鮮なイカを東京などにもお届けできるようになっています。

03 呼子のイカ

■落合陽一 
筑波大学准教授 / メディアアーティスト / Pixie Dust
Technologies, Inc. CEO。
筑波大学でメディア芸術を学び、東京大学で学際情報学の博士号を早期終了で修得。
映像を超えたマルチメディアの可能性に興味を持ち、デジタルネイチャーと呼ぶビジョンに向けて研究に従事。
情報処理推進機構よりスーパークリエータ/天才プログラマーに認定。2015年、世界的なメディアアート賞であるアルスエレクトロニカ賞受賞など、国内外で受賞歴多数。

05 落合陽一氏

■tofubeats
1990年生まれ、神戸在住。音楽プロデューサー/DJ。
学生時代からインターネットを軸に活動を行い、ジャンルを問わず様々なアーティストのリミックスやプロデュース、楽曲提供を行う。 2013年4月にスマッシュヒットした「水星 feat.オノマトペ大臣」を収録したアルバム「lost decade」を自主リリースし、 森高千里をfeat.した「Don‘t Stop The Music」でメジャー・デビュー。 以降、「First Album」「POSITIVE」「FANTSY CLUB」と3枚のアルバムやリミックス・アルバム、EP各種をリリース。 また、数誌でコラムの連載も行っており、各方面で精力的に活動中。
・公式ウェブサイト: https://tofubeats.persona.co/
・WARNER MUSIC JAPAN ARTIST HP: https://tofubeats.persona.co/

06 tofubeats氏プロフィール

佐賀県×落合陽一「YOBUKO 限りなく透明に近いイカ」始動!